FC2ブログ
かなもん屋通信  石川金物友の会
石川金物の店舗・商品・工事等のお仕事情報と共に地域の情報も取り混ぜて発信していきます。
12 | 2011/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

トイレの神様が・・・!
1月14日の北陸中日新聞 夕刊に「トイレの神様 金沢でも脚光」の記事がありました。

その内容は、金沢では男女一対の人形を「神様」としてトイレの下に埋める風習があり、江戸時代から商家を中心に伝わり 植村花菜さんの曲とともに金沢の「トイレの神様」も知名度が大幅にアップと言うものでした。
 
トイレの神様
ト イ レ の 神 様


当店では「トイレの人形」と言う名前で販売していて、設備業者の方がまとめて5組・10組と買って行かれます。
また、なぜか遠方の通常取引のない業者の方もまとめて買いにこられます。
下水道工事に伴いトイレの水洗化ということで、使用しなくなった汲み取り式の便槽や水洗用の浄化槽のあった場所を埋める時に、この「トイレ人形」を入れて埋めています。

これは、日本中どこでも行われている事だと ずーと 思っていたので、金沢独自の風習だと言う事を知り改めてビックリしました。
金沢の中心部よりは25km程はなれているこの地に、いつの頃か金沢から伝わってきたものなのか?
又は昔からこのあたりにもあった風習なのか調べてみたいと思います。


トイレの神様 箱

白い半紙の中に男女2体の人形が仲良く寄り添って入っています。

新聞に掲載の人形とは服の色や顔の表情はそっくりに見えますが、しかし新聞に載っている人形の高さのほうは8cmで当方の人形は約6.5cmでやや小振りです。
下から見ると人形の中は空洞になっていて、色が塗られていないので素焼きの土人形だという事がわかります。

今までは、一般の買い物客の目に触れる事もなくひっそりと店内の片隅に置かれていましたが、これからはケースに入れて「トイレの神様」として公開していきたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ:☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル:地域情報



プロフィール

かなもんや

Author:かなもんや
   「株式会社 石 川 金 物」

大正10年7月に創業 当時は鍋・刃物・釘類の金物販売と建築板金業を営み 冬場の外仕事の出来ない時期にはブリキ板をハンダ付けして加工し 雨どい・バケツ・ジョロ・長持などを製作していたそうです。
その後、建築様式の変革にあわせ板ガラス・サッシ等も扱い始めました。
昭和41年に現在の場所に移転し 建築金物販売を中心にサッシ・ガラス等の工事や一般家庭金物の販売もしています。
        取り扱い商品
建築金物・家庭金物・各種工具・塗料・他
   石川県能美市大成町リ29
   TEL 0761-55-1205
   FAX 0761-55-1309

 「MADOショップ 能美大成町店」
窓を中心に出入り口サッシ他の修理・取替・
新設等の工事を行っています。
また、防犯や省エネ・断熱・プライバシー
を守る目隠し工事などの提案も行っています。
      取り扱い商品
ガラス・サッシ・エクステリア・シャッター他

      
     関連店舗の紹介
 
   「いしかわ化粧品」
    石川県能美市大成町リ89-1
    TEL 0761-55-0548
    取り扱い化粧品
資生堂 ・ ディシラ ・ ヒノキ ・ 
クロロフィル

最新コメント

最新トラックバック

最新記事

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード